• ホーム
  • 早漏を自宅で治す最新情報

早漏を自宅で治す最新情報

相手と話したくない夫婦

挿入してから数分程度で射精してしまうのは、男性にとっても女性にとっても不愉快に感じられることです。
男性は射精できれば快感を得られるため一応は満足できますが、これから気持ちよくなるはずなのに途中で終わってしまう女性は物足りなさを感じてしまいます。
男性としても好きで早く射精しているわけではないため、お互いに嫌な気持ちを抱えるだけになるわけです。

必死に我慢しても射精してしまう以上、早漏の症状を改善させるのは非常に難しいと思われがちですが、実はそうではありません。
自宅で簡単に改善させる方法も存在しているのです。
それもチントレを必死にやるといった強引な方法ではなく、楽な気持ちで取り組むことができる方法なので注目を集めています。
1つの方法は早漏治療薬を服用することですが、パートナーが症状を理解してくれていて、十分な協力が得られる男性の場合はより容易に改善させることが可能です。

早漏の原因としてメンタルが大きく関わっている場合、パートナーの理解・協力を得ることでスムーズに改善することがあります。
性的な悩みとメンタルは非常に大きな関わりがあり、メンタル面のフォローを上手にするように心がければ、本格的な治療をしなくても済むことが多いのです。

もちろん、早漏治療薬を適度に服用することも欠かせません。
早漏になってしまう原因は男性器そのものというより、脳内のセロトニンが不足していることにあります。
脳内でセロトニンが十分に分泌されるようになれば、自然と射精までの時間が長くなるのです。

セロトニンの分泌を増やすためには、ダポキセチンという成分を摂取する必要があります。
ダポキセチンは早漏治療薬に使われていて、脳内のノルアドレナリンという物質の分泌を抑制する成分です。
セロトニンを増やすためには、ノルアドレナリンを減らさなければなりません。
両者のバランスが取れたときに、適切な射精ができるようになります。
自宅で早漏改善を図るなら、ダポキセチンが配合された早漏治療薬の服用は不可欠です。

早漏の人がパートナーと楽しむ方法

早漏の悩みを抱えている男性は、必死に早漏改善を図ろうと努力するものです。
しかし現実は甘くありません。
チントレに励んだり早漏治療薬を飲んだりしても、なかなか射精までの時間は長くならないものです。
努力を続けているのに効果が出ないと、モチベーションを維持することも難しくなります。
悶々とした気持ちのまま性行為に臨んでも、あっという間に射精してしまい、つまらない時間を過ごす結果になるのです。
言うまでもなく、パートナーとの関係は悪化する一方になります。

そのようなときは発想の転換を図ることが大切です。
早漏を改善させることは難しくても、性行為の仕方に工夫をすれば問題が解決することもあります。
もちろんパートナーが理解してくれていることが前提になるわけですが、さまざまな体位を試してみたり、ピストン運動のリズムを変えてみたりするのが効果的です。
男性器への刺激が加わりやすい体位ではあっという間に射精してしまっても、別の体位にしてみたら射精時間が長くなるというケースは少なくありません。

刺激を減らすという観点から考えると、ピストン運動のリズムを変化させるのも大きな効果を発揮します。
高速でピストン運動をすれば刺激が伝わりやすく、あっという間に射精してしまうものです。
射精までの時間が長い男性の場合は高速のピストン運動で快感が強まりますが、早漏の男性にとっては数分どころか秒単位での射精につながりかねません。
ピストン運動のリズムを変えて、ゆっくりと動かすようにすると、射精を遅らせられる可能性があります。

性行為をするに当たって、パートナーと十分に話し合うことが大切です。
早漏は決して罪ではありません。
パートナーの理解が得られていれば、早漏であっても楽しい性行為ができます。