• ホーム
  • リドカインはどんな特徴があるお薬なのか?

リドカインはどんな特徴があるお薬なのか?

早漏の悩みを抱えている男性は、なんとしても射精までの時間を長引かせたいと願っています。
男性器に与える刺激を調整したり、性行為の前に自慰を済ませておいたり、涙ぐましい努力をしている男性も少なくありません。
しかし根本的な早漏改善を図るためには、そのような努力だけでは不十分です。
早漏に対処する方法として真っ先に思いつくのは治療薬ですが、薬を服用することには抵抗がある男性もいます。
そのようなときは、リドカインを上手に用いることが望ましいです。

リドカインは急性心筋梗塞などを予防する目的で使われる薬なので、早漏などの性的な悩みと何の関係があるのだろうかと思う人もいます。
しかしリドカインは局所麻酔で感覚を麻痺させる効果が期待できる薬で、使い方によっては早漏改善にも役立つのです。
急性心筋梗塞の予防目的ではリドカインを皮膚に注射しますが、早漏改善のために用いるときはスプレー状にします。
スプレー状にすることで、皮膚に注射するのではなく、陰茎部・亀頭部に直接噴射することが可能になるのです。

一般的な早漏治療では、薬を飲むことで脳内のセロトニン分泌を促し、性的な刺激・興奮がつたわりにくい状態を作っていきます。
薬を飲む方が適している人もいるので、スプレー状にしたリドカインを使うことが絶対に優れているわけではありません。
自分に合った方法を見つけることが大切です。
薬を飲むのを忘れてしまうことが多い人の場合は、性行為のかなり前に薬を飲まなければならない方法よりも、性行為の直前に陰茎部・亀頭部に噴射する方法の方が向いているといえます。

リドカインの持つ局所麻酔としての効果が出てくると、陰茎部・亀頭部が麻痺した状態になり、刺激が伝わりにくくなります。
その結果、射精するまでの時間が長くなるのです。
飲み薬の場合と同様に、効果が出てくるまでの時間には多少の個人差があります。
どのタイミングでスプレーを噴射するのがよいかは、試していくうちに分かってきます。

使用前に確認!リドカインの基本知識

リドカインには、スプレー状のものやクリーム状のものがあります。
どのような形で使うのがよいかをきちんと考えなければなりません。
基本的には局所麻酔で用いられている薬なので、皮膚などの感覚を麻痺させる効果が期待できます。
リドカインを使ったことがない人は、最初にこの点を理解することが大切です。
早漏治療薬に含まれるダポキセチンという有効成分の作用で早漏を改善させてきた人は、それと全く異なるアプローチで改善を図ることになるため、最初は戸惑ってしまうこともあります。

リドカインのスプレーを早漏改善目的で使うときは、陰茎部・亀頭部に直接噴射して男性器に伝わる感覚を麻痺させます。
クリームになっているタイプの商品の場合も、基本的な考え方はスプレーと同じです。
陰茎部・亀頭部に塗ることで感覚を麻痺させます。

リドカインのスプレー・クリームは、特に使い方が難しい薬というわけではありません。
しかし簡単に使えるからといって、適当に使ってよいことにはならないのです。
たとえば、大量に噴射したり塗ったりしても、その分だけ早漏改善の効果が高まるというわけではありません。
適切な量を使用するように心がけていないと、副作用につながるリスクがあるため注意が必要です。

どのくらいた適切なのかは人によって異なるため、何度か使いながら慣れていくしかありません。
したがって、初めてリドカインのスプレー・クリームを使うときは少量にしておくのが基本です。
多く使いすぎてしまうと、陰茎部・亀頭部に刺激が伝わりにくくなり、早漏を改善することはできても、逆に遅漏になる可能性があります。
いつまでも射精できないままになるのでは、性行為の相手につらい思いをさせてしまいます。