• ホーム
  • コンドームが早漏防止になる仕組み

コンドームが早漏防止になる仕組み

早漏に悩む男性の数は意外と多く、もっと長持ちさせたいという願いが叶えられないと諦めている人もたくさんいます。
なかなか周りに相談するにも抵抗を抱きがちなデリケートな問題ですし、すぐに解決するとも考えられないため対策はしにくいです。
そんな人のためにもってこいなのがコンドームによる早漏防止です。

例えば、カーマスートラロングラストは多くの早漏に悩む人たちを救っています。
一昔前から早漏を防止するためのコンドームは存在していましたが、その方法としてはとにかく素材を分厚くすることなどで感じにくくするというものでした。
しかしこれではセックスそのものを楽しめなかったり、装着した感じも良くないので不満に感じたり、結局使わなくなってしまう人が多かったです。
その点、カーマスートラロングラストは大きく異なっています。

コンドームの内側、つまり男性側に局所麻酔薬であるベンゾカインが塗布してあります。
この局所麻酔薬がペニスが敏感になりすぎないようにコントロールしてくれるので、早漏を防止できるという仕組みです。
これならばコンドームの素材そのものを厚くする必要もなく、パートナーにもバレずに早漏防止が可能です。

ベンゾカインは局部を麻痺させ、射精に至る時間を延ばしてくれます。
慣れてくると、射精するタイミングを意識することである程度コントロールをすることさえ可能です。
平均的に射精に至るまでの時間を約3倍伸ばすことができると言われており、中にはもっと長時間楽しむことができたという評価もあります。

価格的にもリーズナブルで、比較的簡単に対策ができるため、世界中の悩みを抱える男性に希望を与えています。
装着した瞬間に効果が現れるわけではないので、挿入の数分前につけるのが正しい使い方です。
効いてくるまでの間の時間を愛撫にあてるなどすればスムーズに行為に移ることができます。
ムードや雰囲気を壊すことなくスマートに対策が出来るのもカーマスートラロングラストの特徴です。

早漏防止コンドームの種類

早漏を防止する方法にはいろいろな種類が存在しています。
治療薬を服用するという方法もその一つです。
しかし、そこまでするには抵抗があると感じる男性は少なくありません。
もっと手軽で簡単な方法が求められていると言えます。

スプレータイプの治療薬もあります。
ペニスに直接スプレーを塗布して感覚を麻痺させる方法ですが、なかなかスムーズに行うことは難しいため、使いづらいのが欠点です。
スプレーをした後コンドームをするにしても、セックスの最中にモタモタしてしまう感じは否めません。

その点コンドームで早漏対策ができれば多くの問題を一気に解決できます。
モタモタして時間がかかることもないですし、何よりコンドームをつけるという作業はとても自然です。
よく流通しているのは素材にこだわったコンドームです。

早漏防止用のコンドームは基本的には分厚さを求めて改良がしてあります。
刺激を制限することで感度を低下させ、早く射精をしてしまうことを防いでくれます。
色々なメーカーから販売されており、厚さなども選ぶことが可能です。
ただ単に装着して使用するだけなので最も簡単な方法と言えます。
ただ、見た目や肌触りで女性に違和感を抱かせてしまう可能性は否定できません。
分厚いコンドームだけでも効果は得られますが、プラスしてスプレータイプの治療薬などを組み合わせれば、さらにその時間を延ばすことも可能です。

カーマスートラロングラストのような局所麻酔薬が内側に塗布されているタイプにもいくつか種類はあります。
効果は高く、多くの人が長時間のセックスを楽しめたと実感しています。
男性側にベンゾカインが塗布してあるため、裏表には注意が必要です。
女性側に間違ってしてしまうと女性が感じにくくなってしまうなどのリスクがあります。